鹿豚雑記

底辺でオタクでメンヘラいキメラがうだり倒すブログ

父親が嘘松

嘘松という言葉を知っているだろうか。

嘘松というのは、ここ1〜2年でネット上に広まった、「事実でないことをさも事実かのように話してみせる人」を指す言葉である。
確か、この言葉が生まれる発端となった人物が「おそ松さん」という作品にまつわる嘘ツイートをした結果、「おそ松」にかけた「嘘松」ということばができた、という経緯だったはずだ。おそ松さん側からしたらいい迷惑だと思う。

さて、今回私がする話の発端となるのは、その嘘松という言葉が生まれるおよそ11年前のことである。つまり、今からだいたいだいたい12〜13年前。
まずは私が小学校低学年のときに起こった、私の中の小さな事件から、私と父親との確執は生まれはじめる。

当時、私はそれはそれは素直で天真爛漫な少女だった。この頃の自分の写真を自分で見ると目が潰れるほどの純粋さだ。純粋すぎて見知らぬ中国人に車に連れ込まれそうになった。やべえ。
一方父親はすでに嘘松。思い出補正もあり、当時はまだマシな男だったように思えるが、だが疑いようがない嘘つきだったのは確かだ。

よく覚えている。季節は冬。
父親が運転する赤い軽自動車の、助手席に私は座らされていた。
北海道の東側にある田舎に私たちは住んでいて、その家に帰る道中、細長くて代わり映えしない景色で私が退屈しているのを見かねたのか、父親は、自分が小学生の頃の思い出を話し始めた。
父親はことあるごとに、私にむかって自分の過去の話をする男だった。
その時話していたことの内容は概ねこうである。

・近所に住んでいた友達4人と一緒に氷と雪とを固めて、直径150cmくらいある丸い氷塊を作った
・それを小さい山の中まで持っていき、厄介者の頑固おやじの家にぶつけてちょっと家を壊してやった
・頑固おやじから逃げ切った挙句、近所中のヒーロー扱いをされた

いやもうどーーーー考えても嘘松でしょ。
小学校低学年のガキが私の身長くらいある氷塊を作り上げる時点でやべーのに、それ持って真冬の山登って?オッサンの家にぶつけて?ヒーロー扱い?
いやどう考えても警察沙汰じゃん。弁償しろや。そんなん聞いたら近所のババアもヒーロー扱いせずに首根っこ掴んで親につき出すでしょ。

いや、でもまだわからない。
もしかしたら、幼い娘のために愉快な話をでっちあげたいい父親なのかもしれない。(もちろんそんな事はない。自分でこの一文を書きながら吐き気がしてきた。)

しかし、問題なのはこの話を聞いたという事ではない。
そもそもこの話を聞いたとき、私はそれを全く疑わなかったのだ。それどころか、私は確か、話を聞いて嬉しくなったのだ。父親にも私と同じ、馬鹿な時代があったんだと。

それから1年後、これまた冬のある日、私はふと1年前に父親から聞いた話を思い出し、そしてもう一度聞かせてほしいと父親に尋ねてみたのだ。

そりゃもう、怒鳴られた。
「俺がそんな犯罪じみたことする訳がねえだろ」と頭を殴り。「ふざけたこと言ってんじゃねえ」と腿を蹴り。そのまま数時間説教コースである。確かに父親自身から聞いたことだと1度だけ反論したが、痛いのは嫌だったし、何しろ父親にはどんな正論を言ったところで怒鳴りかえされるだけだと学習していたから。
いや〜〜〜嘘つくならせめて辻褄合わせにいけよ。忘れてんじゃねえぞ。アホなの?

とにかく、私はこの一件以来めっきり父親の話を信じなくなった。
父親自身は、私が話を信じていないことに気付いていないようで、週6くらいで何かと自分の経験談を語り聞かせてきた。
純粋だった私が孤立し、似非メンヘラと化し、友達を作っては劣等感から自ら手放し、デブスになっていく12年の間、ずーーっと。
ちなみに矛盾を指摘されると無茶苦茶な理屈で反論した挙句、不機嫌になって罵詈雑言を吐いてくる。嘘松中学生以下だ。「オマエは無能だからどこに行っても働けない、風俗で股でも開いてろ」と言われたのを鮮烈なくらいに覚えている。

とにかく山ほど話をしてきた父親だったが、その経験談の9割以上はおそらくでっちあげだ。
根拠ならある。
父親の話す経験談は主に3種類である。
「偉い人と仲良くした俺の話」。
「やけに事件に巻き込まれる俺の話」。
そして、特に多いのが最後。
「バカを華麗に論破した俺の話」だ。

父親経験談とやらをすべて信じるとすると、あの男の知り合いには100人位社長がいる事になるし、あの男は300回は死体を見た超巻き込まれ体質になるからだ。その上500回は愚かなる人間を論破している。
金○一少年や苗○誠も真っ青だ。

いくつか紹介する。

「死体をを発見した話」。同じような話だけで100回は聞いている気がするのだけれど、場合によって死人の性別、自殺他殺事故のどれなのか、死の理由など全く別なので異なるエピソードなのだと思う。たぶん私の父親はコ○ンなんだと思う。

「経験人数が4桁以上だという話」。年頃の娘に経験人数自慢すんじゃねえよって。そもそも父親のアレは結構な短小だったはずなので(母親談)、短小が4桁突破できるわけないのである。

「浮気現場に乗り込んだ話」「頭のおかしい女を追い払った話」。どんな話か知りたければ『鬼女 まとめ スカッと』あたりで検索すればいいと思う。本当にあのままである。ちなみに父親まとめサイトが大好きな人間だ。

まだまだあるけれど正直おもいだしたいはなしでもないのでこれで終わり。
もう、どれもこれもびっくりするくらい嘘松でしかない。ここまで怪しいと一周回って正しく聞こえるまである。
マックで女子高生が拍手されるくらいのヤバさだ。

こんなに沢山の経験を持つ父親だ、さぞ勝ち組のように思えるが、実際の姿は同じ年代の男の半分よりずっと下の年収で、光熱費を妻の実家に全額持ってもらい、一方で1日にタバコを2〜3箱消費する50過ぎのオッサンである。理想と現実はかくも激しく乖離するものだなあと思う。昨日は私の財布から無断で7000円を黙って抜いて逆ギレしていた。どんだけ金ないんだよ……

まあ何が言いたいかって、自尊心を満たすためだけの嘘をつくのはやめようね。
さもなくば子供がメンヘラになるぞ。私のようにな!

財前時子様と私 ただの人間が豚になるまで

2014年・冬。

アニメシンデレラガールズの放映直前であるその年、当時縁のあったある知り合いが、Pでもないのに何故か持っていた輿水幸子のCDを私に何故か貸してきたことが、すべてのはじまりだった。

 

彼に薦められるままなんとなくでモバゲーに登録して、フリトレで自称カワイイ輿水幸子を迎え入れ、しばらくしてサプチケ(正式名称は忘れたが、3200円ですきなアイドルが選べるあれである)が売られてるのを見て3200円だけなら……と人生初めての課金を成し遂げ。*1

初課金という個人的に高かったハードルを越えながら、それでも幸子のことを担当と呼べるような感情を彼女には向けられず、まあいちファンとしてゆったり彼女を応援しようか、と思っていた。

あくまでPではなく、ファン。

ともに歩む人間ではなく、成長を見守るファンとして、このゲームを楽しもうと思った。

そんな2015年5月7日。

 

その日のガチャ更新で私は初めて、その数ヶ月後自分の主人となる女性の顔と名前を知ることになる。

f:id:notedeers:20170725164436j:plain

そう、【ベルベットクイーン】財前時子の実装である。

初見の印象は「なんだこのキャラ、やっぱりキャラが3桁いるととんでもないアイドルもいるんだな」だった。

今考えてみると、後々彼女の下僕と化すくせになんて感想だよと思うが、とにかくそう思ったのである。

 しょうがないと思う。

それまで私が知っていたシンデレラのアイドルたちは皆私に友好的で、あまつさえ好意を向けている節がある子も多くいた。

多分、同じシチュエーションで幸子のカードが出たなら、幸子は遅刻したことに怒りつつも「遅刻した分は取り返してもらいますからね!きょう一日はボクのお願いを聞いてもらいます!あ、でもカワイイボクのお願いを聞くんですから、それじゃあ罰にならないかもしれませんね!」みたいな劇甘シチュエーションになる気がする。なってほしい。してくれ。

しかし時子のカードはこの有様だった。こちらを全力で見下すこの目、罰として何をやらせようかと思い描く愉快そうなこの顔。

f:id:notedeers:20170725184450j:plain

挙句の果てに劇場では遅刻したPに対しはっきりと「ムカついた」と言い切っている。

いや、そりゃあそうなんだけども。それにしたってこの表情でPのことをムカついたと言うアイドルは見たことがなかった。

Pに対する好意だって感じられないわけではないけど幸子のものとはまるで違う。とんでもねえ。本当にアイドルなのか、この人。

といいつつ、この時の私はこのベルベットクイーンガチャに全くといいほど手を付けなかった。どうせ出ないと思っていたことや、課金のハードルがまだまだ高かったということもあるが、なにより「まあそれほどでもないか」と思ったからだ。

しかし、時子は自分の事を忘れることを許してはくれなかった。

 

気づけばガチャの開催期間は終わり、私のシンデレラガールズは平穏に戻っていた。

こちらを心の底から見下ろすあのアイドルはトップページから消え、かわりに金髪ショートカットのアイドルがあらわれた。

しかしそれから数日経っても数ヶ月経っても、私の頭の中から彼女が消えることはなかった。

何だったんだ、財前時子というアイドルは。

あの女性もアイドルなのか。どうしてアイドルなんかやってるんだ。何歳なんだ。ステージの上で何を語り何を歌い何を踊るんだ——

 

それで、その疑問を解消するためになんとなく財前時子のNカードを手に入れてみた。

どうやら彼女は自分からアイドルになった訳じゃなく、Pにスカウトされたのを気まぐれに受けただけらしかった。

時子は言った。「アイドルなんて遊びよ。この世の全ては生きてる間の暇つぶしよ」、と。

いや遊びでできることじゃないだろ。というかこの世のすべては暇つぶしって21歳の割に達観してるなあ。どうしてこんな価値観を持つに至ったんだ。

 

謎は深まるばかりだった。

彼女は女王キャラをさせられているのではなく、ただ最初から女王だったのだ。

どうしてそんなに自信があるんだ。どうして女王なんだ。どうして、時子”様”なんだ。

シンデレラガールズを開いていない時も彼女を思い出すようになり、気がつくと私の手元には時子のRカードが増えていた。

【レディタイラント】。彼女が料理上手であることを知った。趣味の豚料理って意味深な方じゃなかったのかよ。

【ロワイヤルスタイルNP】。レッスンしようとしたら逆に躾けられていた。何が起こってやがる。女王すぎる。

そして【スクールガール】。もうここまできたらどれだけ女王っぷりを発揮してても驚かんぞ。さあ来い!

f:id:notedeers:20170725165956j:plain

 

……女王……?

いや何させられてんのこの人……?

いつもの覇気はどこに……?

あっでも仕事はちゃんとやるんだ……偉い……すっげーキレてるけど……

 

そんな感じで、どんどん時子のことを知っていった。

時子の初SRカードである【メディアの女王】と【ベルベットクイーン】を除いてカードをすべて手に入れ、彼女のことはある程度知ったはずだった。

けれども。

けれども、それでも私はもっと彼女を知りたいと思った。

 

アイドルマスターシンデレラガールズの魅力の一つは、いくつもの仕事を経てアイドルが成長していくことが手に取るようにわかる点だと思っている。

彼女もその例に漏れず、アイドルとしての力を伸ばしていた。

たとえば、前にも書いたとおりNカードでは「アイドルなんて遊びよ」と言っていたが、先程の【スクールガール】では「アイドルなんて暇つぶしのつもりだったけど、気が変わったわ。キャリアを積んで、下らない茶番みたいな仕事を潰してやるわ…クックック」と発言している。

女王なんてただでさえトップの生き物なのにまだ成長するのだ。末恐ろしいどころじゃない。

 

だから、私が最後に抱いた疑問は、

『この人はこのあとどんなふうに成長するのか、この人がアイドル自体を心の底から愛し愉しむ日は来るのか』ということだった。

だって21歳の大学生という若さでそんな冷めた目で世界を見ているのは、あまりにも寂しいんじゃないかと思った。

無論時子はそんなことを一言も言っていない。ただ私が勝手に思っただけ。

そんな彼女がもしアイドルという職を通して、人生の楽しさを知ることができたなら、それは彼女の無意識の救いとなるのではないだろうか。

そんなことを思った。

 

そして2015年11月31日

私の彼女に対するそんな思いを明白にしたのは、またしても彼女のSRだった。

f:id:notedeers:20170725183431j:plain

 

【ドミネイトクリスマス】の実装。

まさかの月末での登場。クリスマスで華麗に彩られたニューヨークを走る高級車の中で、またしても私を見下ろす彼女が、そこにいた。

私はこの日、生まれて初めて課金ガチャを回した。

回さなければいけない、回したい、彼女を見たい。「それほどでもない」なんて気持ちは微塵すらも残っていない。

そこでようやく気付いた。

いつからなんてわからないけれど、私はとうの昔に財前時子"様"のPになっていた事、もとい。

私は、『時子様の下僕』になっていた事に。

 

かくして、この世界に1匹の豚が誕生したのが、約2年前。

このまま時子様についいてだらだら書いてたら何の脈絡もない文章が5000兆文字続いてしまいかねないのでこの記事はこれで終わり。 よければ時子様をガチャやイベントでお迎えする機会があったら*2、彼女を育ててみてくれよな。

時子様はただの女王キャラではない。それを知ることができるはずだと思う。

いや、豚になっても保証はできないけど。

 

 

 

 

 

*1:【自称・マーメイド】だった。スク水カワイイ。

*2:いつになるかはわからないが、そのうちデレステのクリスマス限定復刻で彼女の限定SRが来ると思うので、デレステマンは狙ってみたらちょっと楽しいかもしれない。ちなみに当時、わたしは貯金をほぼ吸われた。